I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

自然の直観力

クロケットは,自然児の生き方と自然の直観力を誇りにしていた。1834年に出版した自伝のなかで,彼はテネシー州の法廷でくだした判決について,こう自慢している。当時は「自分の名前しか書けなかった」。しかし「私の判決は一度も控訴されなかったし,仮に控訴されたとしても,その判決は蝋のように固着して動かされることはなかった。なぜなら,私は常識の正義と人間どうしの誠実という原則にもとづいて判決をくだしたのであり,また人間本来の判断力を信頼し,法の知識を信頼しなかった。私は生まれてこのかた法律の本など1ページも読んだことはない」。常識の力に対するこのような無邪気な信頼感は,クロケットの法律上の判決によって正しかったことが証明されたかもしれない。だが,彼はそれだけで満足しなかった。彼は熟考のうえで知的世界を軽蔑していたのである。

リチャード・ホフスタッター 田村哲夫(訳) (2003). アメリカの反知性主義 みすず書房 pp.142

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /