I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

社会的判断

社会的行動理論の視点では,精神疾患,不適応,異常といった用語は,行動を示す人の内部に存在する仮定的な疾患や,特性または状態を指すのではなく,すべて人間の行動に対する社会的判断を意味するものである。「適切な」社会化や適応に関して言われていることには,個人が社会的に期待され,認められている行動をどの程度おこなうか,についての判断が関係している。こうした判断はまた,その人が文化的に是認された目標や行動をどの程度評価するか,という推理にしばしば左右される。不適応,逸脱,人格障害についての言明には,それに反して,個人の行動がその人自身や他人にとって,どの程度有害な,あるいは不都合な結果を生み出すかについての推断が関係する。

ウォルター・ミシェル 詫摩武俊(監訳) (1992). パーソナリティの理論:状況主義的アプローチ 誠信書房 pp.210
(Mischel, W. (1968). Personality and assessment. New York: John Wiley & Sons.)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /