I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

偽りの天才

 そんないくつかの「時々」を集めてできた「偽りの天才」の制作作業,こいつはすごい。なにがすごいってたいして自信がないものでも,周りからポロっと出た褒め言葉などで小さな自信を張っていってもらったり,些細なことをそこに結びつけたりすることによって,結構立派な張りぼてってつくれるものなんです。僕はそれを「張りぼての自信」と考えた。この張りぼての自信がお笑い芸人になるために大阪に,そのための浪人という冬の時代をすんなりと受け入れさせてくれました。

山里亮太 (2006). 天才になりたい 朝日新聞社 pp.20-21

TRACKBACK

Trackback URL:

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /