I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   
カテゴリー「歴史」の記事一覧

カップルの心中

が,時代はまだまだ多くの同性愛者を死に追いやっていました。それは西洋だけのことでも,男性同性愛だけのことでもありません。たとえば日本においても,1873年(明治六年)〜1926年(大正十五年)の記録に残る限り,女性同士のカップルが28組も心中しています。互いが恋愛関係にあったとはっきりしているのは28組のみですが,はっきりしないケースも含めれば,実に121組・242名もの女性たちが,女性ふたりで手に手をとって心中しているのです。

牧村朝子 (2016). 同性愛は「病気」なの? 僕たちを振り分けた世界の「同性愛診断法」クロニクル 星海社 pp.83

スウェーデンの不妊手術合法化

スウェーデンでは1915年に婚姻法が改正され,知的障害者,精神病患者,そしててんかん患者の婚姻が禁止された。しかし,20年代に入って,議論はさらに断種法の制定へと拡大する。国会での約10年にわたる議論を経た後,スウェーデンの断種法(正式名「特定の精神病患者,精神薄弱者,その他の精神的無能力者の不妊化に関する法律」)は,「国家の家」(folkhem)を標語に,福祉国家の確立を訴えたハンソン社民党政権下で,1934年5月に制定された。
 この法律によって,精神病患者,知的障害者に対する不妊手術が合法化された。その第一条は「精神疾患,精神薄弱,その他の精神機能の障害によって,子どもを養育する能力がない場合,もしくはその遺伝的資質によって精神疾患ないし精神薄弱が次世代に伝達されると判断される場合,その者に対し不妊手術を実施できる」と定めている。その際,重要なのは,手術は,保健局の審査ないし医師の鑑定にもとづいてなされ,本人の同意は不要とされたことである。その理由は,この法律がそもそも不妊手術の対象としている人びとは,その障害ゆえに自己決定能力を期待できないとされたことにある。

米本昌平・松原洋子・橳島次郎・市野川容孝 (2000). 優生学と人間社会:生命科学の世紀はどこへ向かうのか 講談社 pp. 118-119

ナチスの優生政策

1933年の断種法は始まりにすぎず,ナチス政府は優生政策の射程を次々と広げていった。
 同年11月には「常習犯罪者取締法」が可決される。ここでターゲットにされたのは,いわゆる「精神病質者」(Psychopath)だった。この「疾患」を遺伝病として断種法に組み込むことは,当時としてもさすがにはばかられ,不妊手術の対象にはならなかった。一方,当時のドイツ刑法第51条は,犯罪者とされた者が心神喪失にある場合,例えば「精神病質者」と認定された場合には,その免責を規定していた。当時の少なからぬ精神科医や司法関係者は「精神病質者」を野放しにするなと政府に迫った。常習犯罪者取締法は,刑法第51条で免責される者を各施設で拘禁し,性犯罪者については去勢手術も認めるというものだったが,この法律によって拘禁された人びとに対しては,出所と引き換えに不妊手術を実施するケースもあった。
 1935年6月には「遺伝病子孫予防法」が改正される。ワイマール期に社民党の一部,急進派フェミニスト,そしてドイツ共産党(1918年に[独立]社民党より分岐)は,経済的理由を含めた妊娠中絶の合法化を強く求めたが,この時期には,妊婦の健康と生命が危ぶまれる場合の中絶が「緊急避難権」として認められるようになっただけだった。35年の「遺伝病子孫予防法」改正を通じて,ナチス政府は,こうした母体保護の中絶と同時に,さらに優生学的理由による中絶を合法化し,33年の断種法で列挙された疾患のいずれかに該当する女性が妊娠している場合,その中絶を認めるようにした。その際の条件は,本人の同意を得ること,妊娠6ヵ月以内であること,妊娠女性の生命および健康を危険にさらす場合には禁止,の3つである。しかし,その実施に関する政令は,断種法と同様,本人に同意能力がない場合,「法定代理人もしくは保護者」の代理同意でよいとしていたため,必ずしも本人の同意が必要とされたわけではなかった。実施件数は約3万件と推定されている。
 1935年10月には「婚姻健康法」(正式名「ドイツ民族の遺伝的健康を守るための法律」)が制定される。この法律によって,結核や疾病,断種法に規定された「遺伝病」,あるいは精神障害などをもつ人々の婚姻が禁止され,また,婚姻に際しては,これらの病気や障害のないことを証明する「婚姻適性証明書」を前述の保健局からもらうことが,すべての者に義務化された。しかし,保健局はすでに手一杯の業務を抱え込んでいたため,すべてのカップルに検診のうえ証明証を発行することなど不可能だった。検診は当初「疑わしい」場合にのみ限定されたが,それも第二次大戦勃発後は実施されなくなった。
 その一方で,健康なドイツ人については,婚姻や出産に際する特別の貸付金制度や,多産の女性を讃える「母親十字勲章」制度を創設しながら,「産めよ,殖やせよ」の政策が推し進められ,避妊や中絶は以前よりもいっそう厳しく取り締まられるようになった。

米本昌平・松原洋子・橳島次郎・市野川容孝 (2000). 優生学と人間社会:生命科学の世紀はどこへ向かうのか 講談社 pp. 95-96

優生学と戦争反対

今日,少なからぬ人が,優生学は,戦争に向けた富国強兵政策の1つであると考え,またその視座から優生学を批判する。そういう事実がまったくなかったわけではないが,しかし,この見方は今世紀の優生学のかなりの部分を逆に見えなくさせる。前述のシャルマイヤーをはじめ,多くの優生学者たちは,戦争を「逆淘汰」(生物学的に「優秀」な者が減り,「劣等」な者が逆に増えること)の1つとして真っ向から批判したのである。
 プレッツは,優生政策を実現するうえで,ヒトラーに大きな期待をよせ,ナチスに接近していったが,同時に,戦争回避と平和の維持をもヒトラーに懇願していたのである。

米本昌平・松原洋子・橳島次郎・市野川容孝 (2000). 優生学と人間社会:生命科学の世紀はどこへ向かうのか 講談社 pp. 75-76

絶対移民制限法

1921年には,1910年国勢調査の人口構成比の3パーセント以下に移民を抑える移民法が成立していたが,ローリン報告はその成立後であった。そこで彼は,その基準年を,イタリアやポーランド移民が急増する以前の,まだノルディック系やチュートン系白人が優勢であった1890年国勢調査に戻すよう,議員を説得してまわった。このロビー活動は両院で成功し,クーリッジ大統領もこれにサインした。こうしてローリンは,断種法と移民制限法の双方の優生政策に,多大な影響を残したのである。
 このような事情で成立した1924年の絶対移民制限法によって,以後のアメリカへの移民は1890年国勢調査の出身国の人口構成比の2パーセント以内に制限されることになった。この国勢調査は定義上のフロンティア消滅が確認された(1平方マイルあたり人口1人以下の土地はなくなった)ことで有名だが,絶対移民制限法によって東欧・南欧からの移民は,事実上不可能になった。これよりはるか以前に中国移民は禁止されており,日本からの移民も,日本側が送りださないということで政治的決着がついていた。この移民制限法は,アメリカは建国以来,WASP(白人,アングロサクソン,清教徒)が築き上げてきた国であり,これ以外の移民は拒否すると言っているのと同じであった。1965年の移民国籍法に変わるまで,アメリカの移民政策には,人種差別的な性格がつきまとい続けたのである。

米本昌平・松原洋子・橳島次郎・市野川容孝 (2000). 優生学と人間社会:生命科学の世紀はどこへ向かうのか 講談社 pp. 43-44

1879年

心理学史という領域において,年号を暗記して何かを考えなければいけないことはほとんどないが,1879年という年は重要な年であるから覚えておいて損はない。この年はドイツの心理学者ウィルヘルム・ヴントがライプツィヒ大学に心理学実験室を設立した年,ということになる。実際には少し異なるのだが,意味合いとしては,心理学を学ぶ学生を組織的に訓練して卒業させることができるような制度が整った年,である。この——近代心理学の祖ともいえる——ヴントは極めて多作の人であった。しかし,その後,彼の心理学に関する著書はあまり顧みられていない。一方,思想としての心理学に関して現代でも読み継がれているのが,ジェームズの著作である。こうしたことから,今日の心理学史では,ヴントと並んでジェームズを心理学の父と呼ぶことになっている。

サトウタツヤ (2015). 心理学の名著30 筑摩書房 pp.21

木戸を突かれる

寄席演芸会の最後のピークとも言える東京オリンピックが開かれた昭和三十九年から大阪万博の催された昭和四十五年にかけて,おびただしい数の入門志願者があった。
 テレビは白黒からカラーに代わり,『笑点』『お笑いタッグマッチ』『お笑い七福神』『大正テレビ寄席』等々,いくつもの寄席番組が人気を博した。関西に,松鶴,米朝,小文枝,春団治の四天王はいたものの,まだ可朝,仁鶴,三枝のブームはこなかった。マスコミにおける演芸会のスターは,東京の落語家だった。団塊の世代と呼ばれる若者はそんな姿に憧れ,こぞってその門を叩いたのである。
 昭和四十五年一月,人形町末広がその幕を閉じた。談四楼は,客としてそれを見た。マスコミ人気と観客動員との間に,微妙なズレが生じていた。
 談四楼が落語家になった昭和四十五年三月,すでに高座のない二ツ目があふれていた。人形町末広の後を追うように,目黒名人会の灯が消えたのは昭和四十六年のことだった。六軒の定席が四軒に減り,二ツ目には高座がない。その傾向は,昭和五十年代に入って更に拍車がかかったようだ。
 「あ,もしもしお客様,入場料を……」と客に間違われる,いわゆる木戸を突かれるという現象があちこちで見られた。寄席の従業員が,滅多に会うことのない二ツ目の顔を,あるいは多過ぎる二ツ目の顔を,覚えないのである。

立川談四楼 (2008). シャレのち曇り(文庫版) ランダムハウス講談社 pp.184-185

B29の迎撃兵器

当時の日本は高度1万m以上を悠々と飛行するB29の空爆に悩まされていた。B29の迎撃に従来機を用いると,1万mに達するまで40分から50分もかかり,また1万mという高空では満足な戦闘もできなかったからだ。そのため,迎撃用に新型ターボチャージャーを積んだ戦闘機の開発が進み,B29を撃墜するケースも出てきた。しかしターボエンジンを搭載する戦闘機の数が少なく,撃墜率も1.5〜2%に過ぎなかった。
 いっぽう,ロケットエンジン戦闘機ならば,計画時点で最高速度900km時,わずか3分半で1万m以上の上空に到達できる。ただし,全重量の半分以上を占める満タンの液体燃料すべてを消費したとしても,上空での戦闘時間はわずか数分に過ぎない。それでもB29の迎撃兵器としては期待の星だったのである。

中野 明 (2015). 東京大学第二工学部:なぜ,9年間で消えたのか 祥伝社 pp.135

大名屋敷の東京

文京区本郷の東京大学は,ほぼそっくりそのまま加賀前田家の大名屋敷に立つ。前田家は百万石だから屋敷も広かったのだろうが,新宿御苑は信州高遠内藤家3万3千石の屋敷跡で,3万石でもたいしたものだ。
 ひと口に三百諸侯と呼ばれる大名は,江戸に上・中・下の三つの屋敷をおいていた。さらに,抱え屋敷という別邸を持つ大名もいたため,江戸のまちは大名屋敷だらけになった。大名屋敷には,池のある大きな庭があった。つまり,大名屋敷だらけの江戸のまちは,庭園だらけのまちでもあった。大阪や横浜などと比べ,東京の中心部に緑が多いのは,この遺産にほかならない。
 明治維新後,広い敷地面積を持った大名屋敷は官庁街や民間のビル,住宅などに姿を変え,東京の発展を支えた。大学や公園として使われたものも東京大学や新宿御苑だけでなく,枚挙に暇がない。
 大名屋敷は官や軍の用地に使われたり,大きな施設ができるなど,まとまった土地利用がなされていた場合,都市改造の格好のネタ地にもなった。
 代表例は,長州毛利家の屋敷から陸軍用地,防衛庁・自衛隊用地を経て,今の姿に至った六本木の東京ミッドタウンだろう。同じ六本木の六本木ヒルズは,周辺の密集市街地を含めた再開発だが,中心のテレビ朝日は,元をたどれば長府毛利家の屋敷跡。だから六本木ヒルズには毛利庭園がある。
 きりがないので詳しい話は省くが,赤坂サカスも,汐留シオサイトも大名屋敷の跡。港区に富の集中が進んだ背景として,都心での生活に適合すべく高い機能を備えたこれらの施設が果たした役割は大きい。とするなら,今日の港区の繁栄は,江戸から続くハードの集積の上に立っていることになる。

池田利道 (2015). 23区格差 中央公論新社 pp.258-259

核家族はすでに

第1回の『国勢調査』が行われたのは1920(大正9)年にさかのぼる。
 その結果を見て,衝撃が走った。わが国の家族形態の基本と考えられていた,多世代が同居する直系家族家庭が3割にとどまる一方で,核家族が54%と過半数を占めたからだ。核家族化の進展というと,戦後高度成長期のできごとのように考えがちだが,実はわが国は,大正時代から核家族化していたのである。

池田利道 (2015). 23区格差 中央公論新社 pp.130

counter

Top

twitter

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /