I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

死体の処理

 ロンドンには下水の他にも頭の痛い「廃棄物除去」の問題があった——死体の処理である。埋葬の方法については,ほとんど議論は行われなかった。土葬が主流で,火葬は外国の特殊な習慣と考えられていたからだ。問題は,増え続ける死体を収容するスペースを見つけることにあった。首都の人口は急増し,教会墓地や埋葬地,地下納骨所は死体で満杯で,結果として,需要が供給を上回った場所は,どこも不快極まりない状態だった。深さ6メートルほどの縦穴に,棺を積み重ね,一番上の棺は地面からわずか10センチメートルほどのところにある。腐った遺体は,新参者に場所を譲るために,かき乱され,バラバラに切断され,破壊されることも珍しくない。掘り返した骨を不注意な墓掘り人が落とし,墓石の間に散らかして放置し,棺は粉砕されて貧困者に薪として売られる。聖職者と寺男は,埋葬料が収入の大半を占めていたため,この最悪の習慣に目をつぶっていた。また,墓掘り人の仕事を間近で覗いたりすれば,おぞましい光景が待ち受けていた。
リー・ジャクソン 寺西のぶ子(訳) (2016). 不潔都市ロンドン:ヴィクトリア朝の都市洗浄化大作戦 河出書房新社 pp.163

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /