I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

真実は…

 娘から告発されたある父親は,一部の心理療法家が物語的記憶と呼ぶ出来事の語りにもとづいて,警察官から取調べを受けたときの様子について説明している。

 私は娘のエマを3歳の頃から虐待していたと疑われていました。エマが15歳くらいのとき,どういうわけか中学校の男子生徒全員に娘と学校のステージで性行為をさせたといわれています。どうやって学校に潜り込んだのかなどと私に聞かないでください。それから1年か少しして,私はエマを娼婦にしようと思い,金を払って雇ってくれそうな男たちに娘を紹介したらしいのです。それに飽き足らず,悪魔崇拝者が行う儀礼的虐待をするために,悪魔崇拝者の集うグループを結成することにしたというのです。大勢の男を集めたらしく,そのほとんどがデヴォン州で指導的な立場にある一般市民で,消防署の署長,私の職場の同僚など,全部で20名ほどの男が集まったとのことでした。教会の司祭や医者の友人がいたらしいことも忘れてはなりません。世間の人々があやしい儀式が行われるときいかにも集まってきそうだと考えるようなメンバーでした。私たちはみんな,黄色い帯のついた黒いローブを身にまとっていたそうです。どうやら,そこにはもう1人別の少女も犠牲者としていたようで,それは私の友人の娘だったらしいのです。その少女とエマを私のオフィスにある楕円形の机に縛りつけました。すべては私のオフィスで行われたというのです。

 この「物語的」真実とは反対の,歴史的な真実が医学検査の結果から明らかとなった。エマは処女だったのだ。

カール・サバー 越智啓太・雨宮有里・丹藤克也(訳) (2011). 子どもの頃の思い出は本物か:記憶に裏切られるとき 化学同人 pp.312-313
(Sabbagh, K. (2009). Remembering Our Childhood: How Memory Betrays Us, First Edition. Oxford: Oxford University Press.)

TRACKBACK

Trackback URL:

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /