I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

問題の核心

 DSMの問題の核心は,DSMがあるふれた行動から診断カテゴリーをつくっており,それがどんどん異常ではないふるまいを飲みこんで成長していることである。その開発と決定の過程はますます込み入ったものになり,政治的なものとなった。提案がなされ,対案が示唆され,妥協が諮られ,最終的な決定が委員会の投票によって行なわれるというプロセスを,私たちは明らかにした。開発者たちは「科学とデータに基づいて決定されている」と主張する。だが,実際に行われていることは,科学という言葉にふさわしいものではなく,使われたデータもしばしば,平凡な意見ほどにも価値がないのである。

ハーブ・カチンス,スチュワート・A・カーク 高木俊介・塚本千秋(監訳) (2002). 精神疾患はつくられる:DSM診断の罠 日本評論社 pp.302

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /