I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

しるし

また,ここで注意しておかなければならないのは,どのような道具を使おうと,ひとの意図や操作によって結果が左右されてはならないということである。人為的な結果では占いにならない。コックリさんは,3人以上が棒の上に手を重ねておこなうが,棒は誰の意志とも無関係に,かってに動くのである。結果は偶然でなければならないと言ってもよい。必然的な結果では,占いの「しるし」とはならない。

板橋作美 (2004). 占いの謎:いまも流行るそのわけ 文藝春秋 pp.18-19

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /