I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

因果関係の説明

もちろん,だから予兆とか占いはまやかしだと言おうとしているのではない。出来事は,むしろ,あとでしか説明できないと言いたいのである。因果関係というのは,因がまずあってのちに果があることであり,出来事の連鎖で言えば,ある出来事が原因となって結果としてある出来事が起きるということのはずだが,われわれは,むしろ逆に,結果がまずあって,そのあとで,その原因としての出来事を想起する。そして,想起された過去の出来事が,のちに起きた出来事の原因として説明に使われるのである。

板橋作美 (2004). 占いの謎:いまも流行るそのわけ 文藝春秋 pp.201-202

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /