I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

非正規雇用の場合

仕事への足がかりを得るのに長くかかればかかるほど,わたしたちは,あるジャーナリストが「本来とは異なる,そして傷ついた」と書いたような人間になります。非正規雇用の20代についての研究では,9カ月間もフリーターでいる者は,仲間よりも憂うつぎみで,やる気も失せていると判明しました。失業中の仲間とくらべてもです。だからといって,完全失業のほうが非正規雇用よりもましだと結論づけるのは早すぎます。20代の失業者は,中年になって,たとえ定職を得たあとでも深刻な飲酒癖やうつに悩まされるそうですから。
 実際,わたしもこの目で見てきました。前向きで知識もある20代の人々が現実社会で現実の仕事に就くのを避けて,楽な非正規雇用を続けていると,そのうち,本当の幸せをもたらすかもしれない何かを探す意欲も失せ,面倒になっていくのです。夢はますます遠のいていくように思えるのです。

メグ・ジェイ 小西敦子(訳) (2014). 人生は20代で決まる:TEDの名スピーカーが贈る「仕事・結婚・将来設計」講義 早川書房 pp.50

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /