I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

ライヒ

『ファシズムの大衆心理』はナチスからもフロイトからも嫌われた点で格別な本であった。アンナ・フロイトは大方の人々よりもライヒとうまくやっていたが,それは「彼を怒らせたりせずに,うまく扱おうとしていたからです。それで少しはうまくいきましたが,彼が正気の人だったらなおうまくいったことでしょう。でも彼はそうではありませんでした」と言っている。
 しかしライヒの犯している危険から判断すると,彼は狂気というにはほど遠かった。そうした問題について以前には書かなかったのは,「単に結果が怖かったのです。何度も自分の考えを紙に書きとめることを躊躇してきました」と言っている。いったんナチスが勢力を握れば,「現在の状況からみて,とてつもなく危険な可能性を秘めている」ので,彼はこの本が出版される前にドイツを去った。今日ではこの本を古典として見るものもいる。

デヴィッド・コーエン 高砂美樹(訳) (2014). フロイトの脱出 みすず書房 pp.140

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /