I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

「核の平和」は幻想

そうならないことを願おう。もし「長い平和」が核による平和であるなら,それは愚か者の楽園だ。なぜならアクシデントや通信ミス,あるいは血に飢えた空軍将官の手によって,この世の終末が始まってしまう可能性があるからだ。けれどもありがたいことに,よく調べてみると,核による人類全滅の脅威は「長い平和」に大して貢献していないことがわかってくる。
 理由の1つは,大量破壊兵器が戦争に向かう動きに歯止めをかけたことは,かつて1度もなかったということだ。ノーベル平和賞の創設者は1860年代に,自らが発明したダイナマイトについてこう書いている。「千回の世界会議よりも早く平和をもたらす。一瞬のうちに全軍が完全に破壊されうるとわかれば,人間の黄金の平和を持続させるにちがいないからだ」。同様の予測は,潜水艦,大砲,無煙火薬,機関銃についてもなされてきた。1930年代には,航空機から投下される毒ガスが,文明と人類に終焉をもたらすのではないかとの不安が広がったが,この恐怖も戦争を終結させるには遠く及ばなかった。ルアードが言うように,「歴史をふり返ってみれば,極度に破壊的な兵器が存在するだけで戦争を抑止できるという証拠はほとんどない。細菌兵器や毒ガス,神経ガス,その他の化学兵器が開発されたことが1939年の戦争勃発を抑止できなかったとすれば,いま,核兵器にそれができるといえる理由は容易に見当たらない」のである。

スティーブン・ピンカー 幾島幸子・塩原通緒(訳) (2015). 暴力の人類史 上巻 青土社 pp.474

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /