I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

オスとメスの不均衡

こうしたオスとメスの配偶子の大きさの違いは,生物の生態に多大な影響を及ぼす。第1に,メスはオスほど多く配偶子を作ることができない。卵1つを生み出す材料があれば,オスは何兆という精子を生み出せる。しかも,それぞれのオスが同様に膨大な量の精子を生み出すため,その数字はどんどんふくらんでいく。人間の女性が一生のうちに生み出す生殖可能な卵は,400個ほどでしかない。対照的に男性は,毎日1億もの精子を量産する。一生では,ゆうに4兆を超える。仮に世界の人口が1000人だった場合,精子は卵より1000兆ほど多いことになる。現在の人口で計算すれば,10の24乗分も精子のほうが多い。これは,生物界全体を見れば,決して極端な例ではない。事実上どの生物種でも,卵がまるで足りない。その結果,争いが起こる。

ダグラス・J・エムレン 山田美明(訳) (2015). 動物たちの武器:闘いは進化する エクスナレッジ pp.76

counter

Top

twitter

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /