I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

ウイルス

もっとも単純なウイルスは,ほんとうに必要最小限の遺伝子しかもっていない。必要最小限の遺伝子とは,まずは自らの殻である「カプシド」を作るタンパク質の遺伝子と,自らの遺伝子である「核酸(DNAもしくはRNA)」を複製するタンパク質の遺伝子である。より複雑なウイルスになると,タンパク質でできたカプシドのさらに外側を,脂質二重膜でできた「エンベロープ」という袋で覆っているものもいる。
 これらの形が,「ウイルス粒子」とよばれる,私たちが通常,ウイルスという言葉からイメージする形である。

武村政春 (2015). 巨大ウイルスと第4のドメイン:生命進化論のパラダイムシフト 講談社 pp.28

counter

Top

twitter

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /