I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

学習と知能

学習と知能は何のためなのか。予測しにくい環境の変動に適応したり,複雑な社会行動を発揮する術を各個体に持たせることは言うまでもなく生存にかかわる重要な能力ばかりであろう。ただし,大きい脳はいいことずくめではない。
 脳は成長と維持に非常に時間とエネルギーを必要とする。いわば,きわめて高価で贅沢な臓器である。よって,脳は哺乳動物にとって生存に不可欠な大事な臓器であると同時に,生活に多大な負担をかける臓器でもある。脳はそれ自体が栄養を摂取したり,酸素を取り入れたり,病気と戦うなど,生命を維持するために必要な根本的な生理機能を果たす臓器ではない。よっぽど役に立っていないかぎり,動物にとっては文字どおりに頭の重い問題になりかねない。実際に小さい脳で十分に生き延びる生物は多く存在する。

D・スプレイグ (2004). サルの生涯,ヒトの生涯:人生計画の生物学 京都大学学術出版会 pp.77-78

counter

Top

twitter

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /