I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

社会的励ましと自尊心

興味深いのは,そもそも,そんな行為が”ねぎらわれる”ことだ。強迫性障害を持つ人の障害がねぎらいの対象になることはほぼないが,ファームビルでは,無意味で反復的な強迫性障害タイプの行為が,眉をひそめられるどころか激励される。こういったソフトウェアが,社会的な励ましと自尊心をくすぐるメッセージというちょっとしたフィックスをユーザーに浴びせかけるのも偶然ではない。
 見逃せないのは,ゲームとは関係のないソフトウェア企業も,このようなトリックを取り入れるようになったことだ。現代のアプリケーションは,1時間に何十個ものちょっとした高揚感を提供するように作られている。そして,パソコンでは,スカイプ,ツイッター,電子メール,フェイスブックをはじめ,通信コンポーネントをそなえたありとあらゆるソフトウェアからの押しつけがましい通知が,山のように表示されるようになってきた。

デイミアン・トンプソン 中里京子(訳) (2014). 依存症ビジネス:「廃人」製造社会の真実 ダイヤモンド社 pp. 235

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /