I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

飼いイヌの登場

化石を見ると,飼いイヌが登場したのは1万7000年〜1万4000年前くらいにかけてのことだったらしい。ヒトとイヌのつながりを示す有力な証拠で,いちばん古い年代のものは,イスラエル北部で出土した1万2000年前の老女の骨だ。彼女は,子イヌを両手に抱いた状態でていねいに埋葬されていた。1万年前には,人類がシベリアから北アメリカへと陸橋をわたり,彼らについていったイヌがアメリカを走りまわるようになった。そしてイヌたちは,それからたった4000年でアラスカからパタゴニアへ(南米大陸南部のコロラド川以南)の長旅を済ませている。

ハロルド・ハーツォグ (2011). ぼくらはそれでも肉を食う:人と動物の奇妙な関係 柏書房 pp.148

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /