I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

ホルモンの落雷

 思春期とは,少年にとってはホルモンの落雷のようなものである。睾丸が下がり,声は変わる。草のようにすくすく背が伸び,体は毛深くなり,引き締まる。こうしたことはすべて,睾丸から分泌されるテストステロンの洪水が原因である。いまや,血液中のテストステロンの濃度は同年齢の少女の20倍にも達する。このため,子宮内での投与によって頭のなかに焼きつけられ,置いておかれた精神という写真が現像され,少年の心がおとなの男の心に変わるのだ。



マット・リドレー 長谷川眞理子(訳) (2014). 赤の女王:性とヒトの進化 早川書房 pp.411-412


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /