I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

誤った自信

 誤った自信に注意しよう。じきに,他人と違って自分の研究では統計に関するへまをやらかさないという自己満足におちいるかもしれない。だが,この本ではデータ分析に関する数学について綿密な紹介をしたわけではない。この本で紹介したような単純な概念的な誤りのほかにも,統計でへまをやらかす方法はたくさんある。通常とは違う実験を計画したり,大規模な試験を実施したり,複雑なデータを分析したりするのなら,始める前に統計学者に相談しよう。有能な統計学者ならば,疑似反復のような問題を緩和する実験計画を提案することができるし,研究上の課題に応えるための正しいデータ(そして正しい量のデータ)の収集を助けることができる。多くの人が犯してしまっているように,データを手に持ちながら統計コンサルタントのオフィスにおもむいて「で,これが統計的に有意だということがどう分かるんだい?」と聞くような罪を犯してはならない。統計学者は研究における協力者であるべきで,マイクロソフトのExcelの代用品であってはならない。チョコレートやビールを統計学者のところに持っていくなり,あるいは次の論文の共著者にするなりすれば,引き換えに良い助言を得ることができるだろう。



アレックス・ラインハート 西原史暁(訳) (2017). ダメな統計学:悲惨なほど完全なる手引書 勁草書房 pp.161


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /