I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

消費税のプロパガンダ

 消費税導入のプロパガンダは,大まかに言って2つの論旨がありました。


 一つは,少子高齢化問題です。


 日本はこれから少子高齢化を迎えるので,財源が足りない,だから増税が必要なのです,ということを長期間にわたって訴え続けたのです。


 もう一つは,「日本は諸外国に比べて間接税が低い」ということです。


 諸外国はもっと高い間接税を払っています。だから,日本はもっと間接税を上げるべきです,ということを何度も何度も繰り返し,喧伝したのです。


 その喧伝が功を奏し,国民はだんだん消費税について許容するようになっていきました。



大村大次郎 (2015). 元国勢調査官が明かす 金を取る技術 光文社 pp.173-174


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /