I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

神童のアイデンティティ

 神童は大人になって,神童であり続けたことを誇りに思う。そんな人がたまに見られる。まわりから見ればいやみこの上ないが,神童本人にすればアイデンティティーを認めてもらいたいところだろう。


 子どものころ,あたまがよかったことについて,成人になってからも自慢する。とくに聞かれるわけでもないのに,「勉強しないでいつも満点だった」「まわりから神童と呼ばれた」などと話す。その地域で一番の進学校に通っていたことを,突然,脈絡もなく話す人もいる。きっと誇り高いことだろう。本人は自分のプロフィールをたんたんと話しているつもりである。だが,その言い方がちょっとでも自慢っぽく聞こえてしまうと,「自分の頭のよさを自慢している」と顰蹙を買いかねない。



小林哲夫 (2017). 神童は大人になってどうなったのか 太田出版 pp. 228-229


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /