I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

鳥と蚊

 なかには,歓迎すべき変化もあるだろう。実際,鳥類がマラリアで受ける被害は,人類がマラリアで受ける被害よりも,はるかに大きな問題であることがわかってきた。たとえば,最近までハワイの鳥類は寄生虫を怖れる必要などなかったが,そこに蚊が持ち込まれた。それとともに病気も持ち込まれ,いまでは蚊が勢力を伸ばしている標高では,ハワイの固有種は消滅しつつある。蚊は気温の低い高地では生き残ることができないので,標高の高いところに生息している鳥類は,この害虫に刺されずに済んでいる。マウイ島の高山地域とハワイ島だけが,そうした鳥の避難所になっている。
クリスティー・ウィルコックス 垂水雄二(訳) (2017). 毒々生物の奇妙な進化 文藝春秋 pp. 59-60

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /