I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

不当なクレーマー

 不当なクレーマーかどうかを見極める基準として池内は次のようなものを挙げる。
 (1)回数の多さ,および過去の履歴内容から。
 (2)不当な金銭要求(誠意を示せ),過大な物品要求,無理難題などの要求の有無。
 (3)因果関係が明らかか否か(いちゃもんかどうか)。
 (4)不当な方法(恐怖,暴力,脅迫,監禁等)であるか。
 (5)業務妨害(長時間,多頻度)に抵触するか。
 「これらが一つでも該当すればクレーマー」というわけである。
岡本真一郎 (2016). 悪意の心理学 中央公論新社 pp. 165

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /