I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

資源の補充

 ワーキングメモリーを存分に活用しなければならない作業があるときには,がむしゃらに進まずに一歩離れてみることが,それをうまくやりとげるための鍵となるだろう。一歩離れることは,ストレスの多い仕事を終えたすぐあとに浮上してきた問題に取り組むときも,やはり欠かせないものとなる。困難な任務をこなす能力は,ちょうど運動すると筋肉が疲労するように,時間とともに衰える。それどころか,グルコース(脳細胞を含めた,体細胞のためのエネルギーの主要な供給源)は,難しい思考や推理作業をつづけて行っていると枯渇していく。休憩をとって資源を補充しなければ,次に何をするにせよ影響がおよぶことになるだろう。
シアン・バイロック 東郷えりか(訳) (2011). なぜ本番でしくじるのか:プレッシャーに強い人と弱い人 河出書房新社 pp. 42

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /