I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

プレップ・スクールと私立小学校

 単純に日本の私立小学校と比較することはできないが,少人数教育の導入,国や自治体からの運営補助がないことや入寮する児童の割合が高いこともあり,プレップ・スクールの教育や学校運営には高いコストを要する。その結果,家庭の経済力による選抜は日本の私立小学校の入学以上に厳しいと予想される。
 したがって,高額な授業料や寮費はプレップ・スクールを選択するうえで大きな阻害要因になり,その時点で経済的な選抜を受けていることになる。プレップ・スクールの児童の父親の職業は,ロンドン・シティの銀行や商社に勤務するサラリーマン,開業医や有名企業の顧問弁護士,あるいは自ら会社を興し,経済的に成功した実業家・起業家が多いという。また,先祖代々から相続される不動産で莫大な収入を得ている「無職」の保護者もいるようだ。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 46

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /