I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

良い活動からやめる

もしあなたがスケジュールを整理しようと決心したのなら,もう1つ,考慮しなければならないことがある。オックスフォード大学の臨床心理学者で,マインドフルネスの心理的利点について研究しているマーク・ウィリアムズは,人がストレスを感じ,忙しい生活に押しつぶされそうになると,何よりも健康によい活動をやめてしまう傾向があると指摘している。その理由はすぐにわかる。家族や仕事に関することをやめるわけではいかないが,聖歌隊で歌うとか,運動をするとか,夜間の美術クラスに通うとかいったことはやめられる。こうした活動はどうしても必要なわけではないので,効率的な時間の使い方と見なすのは難しいかもしれない。しかし現実には,これらの活動はストレスを減らし,幸福度を高めることが実証されている。

クラウディア・ハモンド 度会圭子(訳) (2014). 脳の中の時間旅行:なぜ時間はワープするのか インターシフト pp.255-256

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /