I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

アイデンティティの結晶体

心理学者は人の幼児期の記憶にばかり注意を向けがちです。幼児期は重要ですが,わたしは高校での出来事のほうに,もっと注目しています。高校時代と20代は自己決定にいちばん関わる経験をする時期というだけでなく,自己を決定する記憶がもっとも形成される時期でもあります。これは,多くの研究でわかってきたことです。
 青年期は,人生のストーリーを形成するための最初の試みをたくさんする時期です。抽象的思考に対する関心が生まれ,それができるようになると,自分が何者か,その理由は何かなどについてのストーリーを考え,まとめ始めるのです。10代から20代にかけてソーシャル・ネットワークが広がるにつれて,わたしたちは自分についてのストーリーを,他者や自分自身に繰り返し伝えますストーリーを用いて,変化しても首尾一貫した自分であることを確認するのです。
 自分についてのストーリーは,アイデンティティの結晶体です。結晶体にはそれぞれの人固有の複雑な個性が詰まっています。それぞれの友だち,家族,そして文化の情報も詰まっています。年年歳歳,私たちが生きている理由について何かを語ってくれます。

メグ・ジェイ 小西敦子(訳) (2014). 人生は20代で決まる:TEDの名スピーカーが贈る「仕事・結婚・将来設計」講義 早川書房 pp.161-162

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /