I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

アジア系米国人

アジア系米国人という概念は,大胆で斬新だった。完全に人工的な概念でもあったが,白人がそれを知る必要はなかった。白人たちはアジア系に,統率され,軍隊のように歩き,目のつり上がった絶対的な力のイメージを持ちたがる様子だった。ならそれを生かそうじゃないか。当時,イェール大学のアジア系米国人は,中国系と日系の2グループを中心に混ざり合っていた。話す言語は違うし,家に帰れば異なる民族街で暮らす。戦争体験世代の親からは,それぞれ互いに敵と思うよう,しつけを受けていた。

ニコラス・レマン 久野温穏(訳) (2001). ビッグ・テスト:アメリカの大学入試制度 知的エリート階級はいかにつくられたか 早川書房 pp.216

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /