I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

「こぞって分析してくれる」

私が世界銀行に勤務しているとき,南アフリカ政府の関係者にインタビューをする機会がありました。南アフリカは,労働力調査や家計調査などの政府統計の個票データをインターネット上で世界中のすべての人に公開しています。この理由について尋ねたところ,「データを開示すれば,政府がわざわざ雇用しなくても,世界中の優秀なエコノミストがこぞって分析をしてくれる」という答えが返ってきました。

 なんというクレバーな方法でしょうか。研究者は,常に「Publish or Perish(出版化,消滅か)」という強いプレッシャーに晒されていますから,情報量が多く,代表性のあるデータであれば,多くの研究者はそのデータを分析して,論文を書きたいと思うでしょう。南アフリカ政府は,その研究者の性質をうまく利用しているのです。実際に南アフリカ経済に関する研究はデータを公開するようになってから,急速に進みつつあります。

中室牧子 (2015). 「学力」の経済学 ディスカヴァー・トゥエンティワン pp.139

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /