I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

サーベルタイガー

巨大な牙を持つ肉食動物は,進化できなかった,あるいは進化しなかったために絶滅した。現代の肉食動物の歯が小さいのは,異様なほど大きな牙を持つ個体が,獲物を捕らえるのに苦労したからだろう。歯が大きくなれば,ほかの体の構造を犠牲にしなければならない。つまり,相反する淘汰の力のバランスが問題となる。武器が大きければ,獲物を殺すのには都合がいいが,獲物を捕らえる行動の妨げにもなる。捕食動物の個体群には,異様に大きな武器を持った個体が時々現れる。だが,獲物を捕らえるといった重要な場で行動が制限され,結局生存競争に負け,やがては消えていく可能性が高い。
 サーベルタイガーは典型的な事例である。犬歯の進化がこうした極端なレベルにまで進んだ例を見ると,いずれの場合も犬歯の拡大に合わせ,あごや頭蓋骨の形が大きく変化している。あごの関節を修正しなければ,あごを大きく広げることができない。また,獲物ののどや首に歯を深く食い込ませるためには,頭をかなり後ろに下げなければならない。そのため,サーベルタイガーは速く走れなかった。その動きは,きわめてぎこちなかったに違いない。結局,スピードに頼って獲物を狩る肉食動物に,それほど巨大な武器が現れることは二度となかった。

ダグラス・J・エムレン 山田美明(訳) (2015). 動物たちの武器:闘いは進化する エクスナレッジ pp.45-47

counter

Top

twitter

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /