I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

動くか動かないか

グンタイアリの兵隊アリも大きな頭やみごとなあごを持っているが,兵隊シロアリの武器はそれ以上に大きい。それは,グンタイアリの兵隊アリがさまざまな機能のバランスを取らなければならないのに対し,兵隊シロアリにはその必要がないからだ。グンタイアリの兵隊アリは,巣からかなりの長距離を行進し,獲物を急襲する。そのため,機動性を高める方向へ向かう淘汰と,頭やあごを巨大化する方向へ向かう淘汰のバランスを取ることが必要になり,ある程度の妥協を強いられる。一方,兵隊シロアリはほとんど動くことがない。その仕事は,出入り口を守り,近づいてくるものに噛みつくことだけだ。そのため,兵隊シロアリのほうが,グンタイアリの兵隊アリより大きさも強さも勝り,トンネルの中では兵隊シロアリが勝つことになる。シロアリが一歩も引かなければ,アリの大群はもっと楽な獲物を探しに立ち去ってしまう。

ダグラス・J・エムレン 山田美明(訳) (2015). 動物たちの武器:闘いは進化する エクスナレッジ pp.225

counter

Top

twitter

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /