I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

進化論教育への反対

テネシーをはじめ諸州の根本主義者が進化論教育に反対したのは,子どもたちの宗教——ひいては家族すべての信仰——を進化論者,知識人,コスモポリタンの害から救おうとしたためである。この点で,根本主義者にも同情の余地があるといえるだろう。彼らがこの論争を,家庭や家族を守るためと考えていた——この点は現代でも変わらない——とすれば,彼らの過激さも理解することができる。そのいい例が,原始バプティスト派の信者でテネシー州議員でもあったジョン・ワシントン・バトラーである。彼はテネシー州に進化論教育に反対する法律を導入したが,それは,彼の出身地の若い女性が大学へ行き,進化論者になって帰ってきたという話を聞いたからだった。この話で自分の5人の子どもたちの将来を案じはじめたバトラーは,1925年にみずからの願望を州の法律とすることに成功した。

リチャード・ホフスタッター 田村哲夫(訳) (2003). アメリカの反知性主義 みすず書房 pp.110-111

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /