I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

信仰に引き戻す

理由はともあれ,人びとは伝統的な宗教のいかなる拘束力によっても保持できない存在になり,礼拝形式やくわしい信条とも無縁になっていた。諸教派はこうした人びとに教会への忠誠を誓わせようとしていたのだ。もはやかつての形式や信条をとおして訴えても,ふたたび人びとを惹きつけられるとは思えなかった。有効手段と考えられたのは,人びとを最初にキリスト教に帰依させたもの,つまり一種原始的で情緒的な訴えを復活させることだった。復興運動は伝統手技が失敗した部分で成功した。情緒的高揚が,宗教的エスタブリッシュメントの強制的規制に取って代わったのだ。単純な人びとは,単純な思想によって信仰に引き戻された。力をもつ説教師は複雑さを排除し,人々にもっとも単純な二者択一の選択——天国か地獄か——を迫ったのだ。救済もまた,選択にかかわる問題だとされた。罪深き者は「宗教を掴む」ものだとされ,宗教が彼を掴むのではなかった。どのような方法であれ,人びとを信者の群れに引き戻せればよかった。

リチャード・ホフスタッター 田村哲夫(訳) (2003). アメリカの反知性主義 みすず書房 pp.74

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /