I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

regression=回帰?

現在では,統計学上のregressionという用語は「回帰」と訳される。そしてこの訳語にも含まれている「もとにもどる」という意味は,まったく失われている。ゴールトンのもともとの意味では,regressはprogressの反対語であり,むしろ一時使われたこともある「退行」という訳語のほうが正確な意味を伝えていると思う。
 もし遺伝の基本原則が「退行」であるならば,突然変異によってある変異が生じたとしても,それは子孫の間では消えてしまうはずであり,新しい変異が固定するためには,同じ方向への突然変異が繰り返し起こらねばならないことになる。そのようなことが起こる確率はいちじるしく小さいと思われても当然であろう。

竹内 啓 (2010). 偶然とは何か:その積極的意味 岩波書店 pp.136

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /