I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

生活史の統計

身長を例にとったが,いかなる変数でもよい。年齢別で整理して,表にでも図にでも,年齢を軸にして並べると,ちょっとした魔術が起こる。生命の生涯がそこに描かれる。各々の生涯を描くには丹念に各々の成長と経験を記録して見ていただきたい。すると,生命の各個体によって違う生涯が描かれる。自分の生涯を他人と比較したり,日本人として,人間として,あるいは生物として,どのような生涯を生きているのかを検討するためには大勢の人々,あるいは多数の生物の多くの個体の生涯を記録して分析しなければならない。よって,生活史を描く年齢別統計は私たちが共に生きる生涯を描くことになる。

D・スプレイグ (2004). サルの生涯,ヒトの生涯:人生計画の生物学 京都大学学術出版会 pp.14

counter

Top

twitter

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /