I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

栄養と機能不全

これはたやすく理解できるはずだ。IQの低さが学業不振を導くことは誰にでも想像がつく。まわりの生徒が皆うまくやっているのに,教科書はよく読めず,足し算はうまくできずで,終始頭を抱えていなければならなかったらどうか。いつまでもつねに劣等生だったらどんな気がするだろうか。「何をやっても自分はダメだ……」と思うようになり,希望を失うのが普通だ。そんな子どもが成長して腕力がつき,ドロップアウトして学校に反抗し始めても何の不思議もない。補足すると,栄養不良が脳に悪影響を及ぼし,その子どもを攻撃的にすると述べたからといって,まったく社会的要因が存在しないと主張したいのではない。実のところ,栄養不良そのものが環境的要因なのである。十分な栄養がとれないという劣悪な環境が,脳と認知の機能不全を引き起こし,ひいてはそれが子どもに暴力と犯罪の道を歩ませるのだ。

エイドリアン・レイン 高橋 洋(訳) (2015). 暴力の解剖学:神経犯罪学への招待 紀伊國屋書店 pp.318

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /