I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

気にかけているのは一部だけ

地球上に生息するほ乳類,鳥類,魚類,は虫類,両生類を合わせた六万五〇〇〇種のなかで,人がふだんから気にかけているのはほんのひとにぎりだ。なぜわたしたちはオオサンショウウオでなくジャイアントパンダを,コンドルではなくワシを,あるいはありきたりのスズメではなくルリツグミを,ダヤックオオコウモリ(=ほ乳類のなかで二種しかいない,オスが乳を出す種のうちのひとつ)ではなくジャガーを大切にするのか?わたしたちの動物に対する考え方は,たいていの場合,その生物種の特徴によって決定される——魅力の程度,大きさ,頭のかたち,ふわふわとした毛に覆われているか(これはプラスの評価),それともぬるぬるしているか(こちらはマイナス評価),どのくらい人に似ているか,あるいはどのくらい賢いとわたしたちが考えているか。足の数が多すぎるのお足りないのも嫌われる。ふんを食べたり,血を吸ったりという気持ち悪い習性もダメ。その動物が美味しいかどうかも大事だ(ただしこれはみなが思っているほどではないけれど)。

ハロルド・ハーツォグ (2011). ぼくらはそれでも肉を食う:人と動物の奇妙な関係 柏書房 pp.49

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /