I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

将来について考えること

よく言われることだが,人の意欲を高めるには将来について考えさせるのが効果的だとされる。自分はどこまで到達できるのか,あるいはどんな人物になりたいのか。教師や人生のメンターがモチベーションについて語るとき,目標を設定することの重要性を力説するのが一般的だ。この仕事で成果をあげれば昇進できるでしょう。あともう1セットベンチプレスをこなすには,理想の二頭筋を思い浮かべて。これはもっともなことだ——私たちは退屈でも不愉快でも避けられない作業をなんとかやり遂げるために,将来得られる利益を思い描いて励みにする。しかし,目標に意識を集中してやる気を高める方法には問題がある。将来に焦点を合わせると現在を楽しめず,結果的に自分がしていることを面白いと感じなくなり,ひいては最後までやり抜く気力まで薄れてしまう。

イアン・レズリー 須川綾子(訳) (2016). 子どもは40000回質問する:あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力 光文社 pp.280-281

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /