I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

意思確認が逆効果になるとき

弱っているひとの意思を聞くことは時には間違うことがある。弱っているからこそ本当は助けてほしいと思っていても助けてと言えなくなる。意向を質問すればするほど拒否していく。弱っているときは,「入っていいですか?」と聞くのではなく,「助けに来たよ」と入っていく。それでも断られるのであれば,それは本人が本当に嫌だということである。しかしたいていは,「ああ,ありがとう」と言う。契約とか金銭のこととか制度が絡むとややこしいことになるのだが,ひとの営みのことではそれは当然のことなのだ。契約が関係して契約が結べないことが心配だったら,そこは無償でやったらいい。支援者の仕事は相手を助けることだ。お金は目的ではない。お金は仕事を続けるための責任ではある。だからといって,お金をもらう契約が結べなかったら助けることができないのであれば本末転倒になってしまう。

森川すいめい (2016). その島の人たちは,ひとの話をきかない:精神科医,「自殺希少地域」を行く 青土社 pp.130

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /