I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

予言の解釈

 予言は往々にして謎めいた言葉で語られ,意味をあいまいにしていろいろな解釈ができるようにしている。そのため,反駁が難しいこともある。何がどう転んでも「ああ,そうだな,だが私はまさにそう言っていたんだ」と必ず言える予言者と議論するのは至難の業だ。一つの「予言」から二つの相反する解釈が可能なことさえある。


 そんな事例が,紀元前560~546年にリュディア王だったクロイソスの物語に見事に描かれている。それによると,彼はペルシャを攻めるかどうかを決めるため,デルポイに神託を求めた。すると,彼が川を渡ると大帝国が滅びるとのお告げだった。クロイソスはこれを自分に好都合なメッセージと解釈し,滞りなく攻撃をしかけた――だがそのせいでみずからの帝国がペルシャ軍によって滅ぼされた。



デイヴィッド・J・ハンド 松井信彦(訳) (2015). 「偶然」の統計学 早川書房 pp. 36-37


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /