I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

カルチャロミクス

 われわれはボアズのことを念頭において,科学者たちを相手に話をするときには,自分たちの取り組みを「カルチャロミクス(culturomics)」と呼ぶことにしている。
 文化(culture)に接尾辞「オーミクス(-omics)」を付けたのは,本来の生物学分野での用法(たとえば,遺伝子(gene)を研究する分野をゲノミクス(genomics)と呼ぶように,生物学では研究対象にこの接尾辞を付けて研究分野を表している)を越えて,ビッグデータを象徴するためである。
 文化はボアズの言う文化,つまり実験や実地調査によって知ることができ,その多様性が尽きることのない興味と本物の賞賛の対象になる文化のことである。
エレツ・エイデン ジャン=バティースト・ミシェル 坂本芳久(訳) (2016). カルチャロミクス:文化をビッグデータで計測する 草思社 pp. 234

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /