I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

虐待に似ている

 ブラック企業では,正常ではない状態が「常態」となり,労働に駆り立て続けている。それはまるで「虐待」にも似ている。いくら人員が不足していても,目標の数値が無謀なものであっても,妥協はしない。それどころかもっと少ない人員で,もっと高い数値を,常に追い続けなければならないのである。


 業務の重圧によるプレッシャーと長時間労働は,やがて「心身の喪失状態」をもたらす。ある意味では,ブラック企業はこれを「戦略」の中に組み込んでいる。すべての社員とは言わないまでも,常に新しい人材が「正社員」として引き入れられ,そこで「心神喪失状態」に陥れられる者が出る。その状態が一定期間続くと,病気などを理由に退職する。そしてまた,新たな人員が雇われる――。



今野晴貴 (2015). ブラック企業2:「虐待型管理」の真相 文藝春秋 pp. 113-114


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /