I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

部屋を変えた方が

 勉強する部屋を変えたほうが,同じ部屋で勉強するよりも思い出しやすくなるのはなぜか?その理由は誰にもわからない。一つの可能性としては,最初の部屋で勉強したときに単語に付随する情報と,それとは若干異なる別の部屋で覚えたときに付随する情報が,脳内で別々に記憶されていることが考えられる。この2種類の情報には重なる部分があるが,情報は多い方がいい。あるいは,2種類の部屋で覚えることで,勉強した単語,勉強中に目や耳に入った事実,勉強中に思ったことを思いだす手がかりの数が2倍になるのかもしれない。
 たとえば,最初の部屋で「fork」を覚えたときは,ベージュの壁,蛍光灯,乱雑に積み重ねられた本がその記憶を彩り,次の部屋で「fork」を覚えたときは,窓から降り注ぐ太陽光,庭に立つ立派なオークの木,空調の音が結びついているかもしれない。そうすると,「fork」には2種類の知覚の層が組み込まれるので,勉強したときの環境を脳内で「よみがえらせ」て,単語もしくはその意味を思いだす機会が少なくとも2回生まれる。1号室の記憶がダメなら,2号室の記憶から想起を試みるというわけだ。
ベネディクト・キャリー 花塚 恵(訳) (2015). 脳が認める勉強法:「学習の科学」が明かす驚きの真実! ダイヤモンド社 pp. 91-92

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /