I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

大学の創設へ

 たとえば英国では,中世以来,オックスフォード大とケンブリッジ大が特別な地位にあった。しかし,そのような名門校であればこそ,良好が中世的概念から離脱するのは容易ではなかった。実際,両校の変革は非常に遅く,19世紀半ばになっても,入学者の約三分の1は聖職に就く人々だった。そこで英国の大学改革は,これら両雄の内部変革よりも,その外側に国民的大学を創設することに向けられていく。すでに18世紀,大学の外側に各種の王立アカデミーが創設されたが,これは反面,この大学の古さへの反発の表れでもあった。19世紀になると,流れはアカデミー創設よりも大学創設に向かう。こうして新たに創設されたのが,ユニバーシティ・カレッジ(1826年)とキングス・カレッジ(1829年)を中核とするロンドン大学であったし,これに続いてダラム大学(1832年),マンチェスター大学(1851年),リーズ大学(1884年),ウェールズ大学(1893年)などが創設されていった。
吉見俊哉 (2011). 大学とは何か 岩波書店 pp. 91-92

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /