I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

抗体と寄生虫

 科学者のなかには,こんな説を提唱している人もいる。IgE抗体は,かつて寄生虫との戦いにおいて一定の役割を果たしていた。だが,ピュレル[抗菌用ジェル]やペニシリンに取り囲まれ,無菌状態に近づいている現代生活のなかで,私たちはIgE抗体の敵となるものを排除してしまった。そのため,誤作動したときにしか目にとまらなくなったのだ,と。
 この仮設を裏付ける証拠はいくつかあるものの,この説では,アレルギーはあくまで副作用であって,IgE抗体をつくりだす真の目的ではないとされている。また,ある特定の物質が他の物質よりも強いアレルゲンとなる理由を,この説では説明できない。私たちがもつ,寄生虫からの防衛システムは,花粉や食物,薬,毒液,そして金属を寄生虫と間違えるほど,精度の低いものなのだろうか?
クリスティー・ウィルコックス 垂水雄二(訳) (2017). 毒々生物の奇妙な進化 文藝春秋 pp. 90

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /