I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

エメラルドゴキブリバチ

 実態は,グロテスクではあるがシンプルだ。すなわち,エメラルドゴキブリバチは,自分の子供の餌にするゴキブリに対して,その心をコントロールして,恐れの感覚や運命から逃れようとする意思を奪い取ってしまうのである。ただ,私たちが大きなスクリーンで見る映画とは違って,健全なゴキブリを心のないゾンビに変えるのは,なんらかの治療不能なウイルスではない——毒液である。とはいえ,それはただの毒液ではない。麻薬のように作用する,ゴキブリの脳を標的とした特別な毒液である。
クリスティー・ウィルコックス 垂水雄二(訳) (2017). 毒々生物の奇妙な進化 文藝春秋 pp. 209

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /