I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

公正バイアス

 公正バイアスは,自分のほうが相手よりも客観的に見ても構成に振る舞っていると見てしまう傾向である。仮説検証バイアスと同じく,自分に都合のよう情報に目を向けてしまいがちであることが,一つの原因とされる。
 敵意バイアスは相手が敬意を持っていると実際以上に思い込んでしまう傾向で,これは攻撃的な性格の人ほど現れやすいという。また,争っている相手との間では,客観的に見るよりも対立を過大視してしまいがちであることも分かっている。
 こうした認知の歪みが加われば,相手への敵意はさらにましていく,そしてさらに認知が歪む,という悪循環が生ずることになりかねない。
岡本真一郎 (2016). 悪意の心理学 中央公論新社 pp. 66

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /