I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

入学準備教育

 私立(小)学校,中でも大正新教育運動を背景に誕生した新学校の多くは,知識の詰め込み主義や受験体制,学歴社会の問題を痛烈に批判し,その代わりにリベラルな教育を目指した。しかし,入学選抜考査の導入によって,入学選抜は幼児期にまで低年齢化し,考査で求められる知識や技能の詰め込みを子どもに強いることになった。私立小学校の多くは児童中心主義の新教育を理念として標榜・実践し,中等学校の入試に向けた知識の詰め込み教育を否定・批判する一方,小学校の入学選抜考査の導入・実施を通じて,幼児期の子どもに,入学準備教育という「詰め込み」を強いることになってしまった。さらに,それが学歴主義の強化につながった側面も否定できない。ここに新教育や新学校における逆説の一つを見いだすことができるのである。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 130

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /