I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

100年間繰り返し

 こうして1世紀近く,「不況なら就職できない」「好景気だと青田買いで大わらわ」と世間は就活で騒ぎ続けた。
 いずれにしても,学生がこんな風に就活に時間を割かれれば,そのしわ寄せは学業に来る。これは大学側としては由々しき問題だ。だから,教育界は企業に自粛を促す。
 企業は大学側のこうした要望を快くは思わないが,その実,企業同士の,際限ない青田買い競争にも辟易としている。だから,落としどころを探り,「就職協定」なるものが生まれ,競争が一時的に緩和される。ところが,景気が過熱して新卒採用ワクが膨れると,こんなルールは無視され,やがて形骸化する。
 100年近くずっとこの繰り返しだったのだ。
海老原嗣生 (2016). お祈りメール来た,日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える 文藝春秋 pp. 25-26

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /