I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

米国と日本

 向こうでエポックメイキングなことをするのは,ベンチャーやサードパーティばかりだ。こうした企業の創業者は,基本,ガリ勉ではないから,欧米のエクセレントカンパニーには入れない。だから自分で会社を立ち上げる。あちらで上位大学からドロップアウトして起業する人が多い理由もこのあたりにある。
 一方日本はどうだろう?大学さえよければあとは成績は関係ない,という社会だったので,企業の選考が緩く,山っ気のあるガリ勉ではない人間がけっこう紛れ込んでいる。だから,大手からエポックメイキングなことが発せられる。
海老原嗣生 (2016). お祈りメール来た,日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える 文藝春秋 pp. 64

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /